治療に取り組む基本姿勢

カウンセラーの選び方

うつ病だけでなく、様々な場面で
力強い存在となってくれるのが「カウンセラー」ですね。

 

私自身、何件かのカウンセリングルームに問い合わせたり実際に出向いたりした結果、とても素晴らしいカウンセラーさんと出会うことができました。

 

さて、それではどういう条件が整っていれば「素晴らしいカウンセラー」となり得るのでしょうか?

 

・認定カウンセラーであること?
・臨床心理士であること?
・立派なカウンセリングルームを持っていること?

 

 

私の考えでは、素晴らしいカウンセラーかどうかは少なくとも「資格」には左右されません。

 

何故ならば、人の心を受け止める職業だからこそ、資格という表面的な要素だけでその力を測れるものではないからです。

 

もちろん、専門的な学習を経て大学院に進み、臨床心理士という資格を取った人は、「心理学」という学問においては非常に優れているでしょう。

 

しかし、人の心というものは学習した事柄に沿って動くものではありません。

 

ですから学習量が豊富なカウンセラーよりも実際のカウンセリング量が豊富なカウンセラーの方が、絶対的に質が高いと言っても良いと考えています。

 

 

非常に極端な言い方をしてしまえば、専門的な学習を経て資格を得たカウンセラーよりも、人生経験を積んだ聞き上手な「素人」の方が心を解してくれる、そんなこともあり得るでしょう。

 

 

あなたが「良いカウンセラーと出会いたい」と思っているのであれば、相手が持つ資格の種類にこだわってもあまり意味はありません。

 

問い合わせへの対応はどうだったか。実際に受けたカウンセリングは満足感があったか。

 

自分自身が実際に抱いた印象を参考にすること、それが、自分にとって「素晴らしい相手」を見つけるための最も良い材料になるはずです。

スポンサードリンク