「治ってきたかも?」― ちょっと待って!早合点のリスク

「治ってきたかも?」― ちょっと待って!早合点のリスク

うつ病の治療を続けているうちに、ふと「最近調子が戻ってきたかな」と感じる時が出てきます。

 

なんとなく、今までできなかったことも以前のようにできるのではないか、そう感じるのです。

 

「そうか、治ってきたんだな。良かった!」

 

いや、ちょっと待って下さい。
それは早合点ではありませんか?

 

 

調子が良くなってきた気がする一方で、例えば以下のようなことはありませんか?

 

○時々胸が苦しくなったり、意味不明の体調不良が起こる
○体が相変わらず辛い
○何かの拍子に気持ちが一気に落ち込む
○休日は動きたくない
○ため息が多すぎる

 

実は、これは私の例でもあります。

 

私はすでに数年の治療を受けており、かなり病状も寛快してきたと言っていいでしょう。

 

ですが、やはり「うつ病の原因となった人物や出来事」により心が乱されると、体調面でも心理的にも影響が現れます。

 

また、自宅及び近所なら行動できる一方、会社勤めのような「拘束」は心理的に大きな拒否反応を示したりもします。

 

これはやはり、引き続き治療が必要であることを表わしているようにも思います。

 

できるようになったことは、積極的に取り組むのが、社会復帰を目指す上ではとても大事なことです。

 

しかし、自分のキャパシティを過剰に評価し、「治った」と早合点してしまうと、逆に症状が悪化しこじらせてしまうこともあるので、慎重に見極めるようにしたいものです。

スポンサードリンク