あなたに気付いて欲しいこと

あなたに気付いて欲しいことエントリー一覧

自分自身で病気と薬を知ること

このサイトには、うつ病に関する様々な情報が網羅されていますが、そんな中でも私が訴えたいのは「自分自身で病気と薬のことを知る」ということです。医者にかかるのに、いちいち自分の病気を調べることは、通常は少ないのではないかと思います。専門家である医者に任せれば、効く薬を処方してもらえるからそれで良いと、そ...

続きを読む

「できない自分」を認めることと「できた自分」を褒めること

うつ病になると、思考力や行動力が、本当に低下します。「やらなきゃ」ということは十分に理解していても、実際の行動に結びついていきません。これが更にうつ病の人を苦しめます。「やらなきゃいけないのに、できない」ということが多くなると、自分をどんどん責めて追い詰めるようになります。仕事に関わることなどでは、...

続きを読む

「決断はするな」でも「決断しなければならない」こともある

インターネットのうつ病サイトや、うつ病に関する書籍などを見ていると、「うつ病の人は、重要な決断をすることは避けましょう。」という文章を非常によく目にします。実は、個人的には、この考え方は「?」と思うのです。うつ病の原因が会社にあった場合、それでも退職の判断は避けなければいけないのでしょうか?うつ病の...

続きを読む

今、休養が必要だったからこそ、その病気と出会ったのだと

一旦うつ病になると、数日から数週間では完治することはありません。よっぽど軽症の場合は割と早いうちに治ると聞いていますが、一般的に言って、うつ病の原因は根深いところにあるのが通常なので、ちょっと薬を飲んで休んだから治る、というような簡単なものではありません。そうすると、どうしても3ヶ月〜数ヶ月、あるい...

続きを読む

「できること」探し

うつ病になると、とにかく自分の「できないこと」ばかりに目が行きやすくなりませんか?以前はできていたことができない。以前のように頭が働かない。以前のように活動できない。できない、できない、できない・・・。ずっとこの思考が続くのだとすれば、うつ病者が常に落ち込みの渦の中にいるのも納得ですよね。症状が重い...

続きを読む

「ネット友人」という心のオアシス

現代社会を見ていると、これだけインターネットが普及しながら、ネット上で人と繋がることをあまり良しとしていません。ネットを介した人間関係から犯罪に発展するケースばかりが取り上げられているからでしょう。さて、あなたがうつ病に関する情報を集めようとする時、何を使って調べていますか?主にインターネットではな...

続きを読む

自分さえ我慢すれば・・・

自分が揉め事の中にいる時、「自分さえ我慢すれば…」と思うことはありませんか。もうこれ以上問題を大きくしたくないし、今まで解決を試みたけれど何の進展も無かった場合、そんな想いはより大きくなるように思います。でも、本当に「自分だけが我慢すれば全て円満に治まる」のでしょうか?・あなただけが、心の中に言いた...

続きを読む

溜め息は「休め」のサイン

健康な状態でも、時に大きな溜め息をつきたくなることがあります。うつ病ではなかった頃のあなたなら、溜め息が出たら「ちょっと休もうかな」「疲れたな」と認めることができていたのではないでしょうか?ところがうつ病になると何故か、多少溜め息が出ようともお構いなしに思考・行動しようとするようになりますね。「疲れ...

続きを読む

周囲からの「薬におぼれるな」発言をどう受け止めるか

時々耳に入ることであり、私自身も未だに言われることがあります。それは「薬におぼれるな」という言葉。少し冷静に、この言葉について考えてみたいと思います。まずは実際に薬を飲んでいる私達側の目線です。薬を飲んでいるのは、うつ病の症状を緩和するためですね。医師の観察と判断により、その症状に応じて薬が処方され...

続きを読む

「闘病ブログ」は控えるべきなのか

インターネット上では、良くも悪くも人々が遠慮のない言葉を晒しています。思考が鈍る、意欲が激しく低下する、働きたいのに働けない、そんなうつ病者がブログの一つも運営していようものなら、「うつ病で動けないくせに、何故ブログなんてやってるんだ?」と声を上げる人がいるのも確か。そういった声を上げる人を見かける...

続きを読む

うつのための「パニックにならない自己管理法」

私が日頃から行っている、「パニックにならない自己管理方法」があります。とても簡単なことなので、ぜひ試してみて下さい。チラシなど片面が白い用紙を集めて四つ切にします(チラシは2枚くらいあれば、四つ切にした時に8枚となり、ちょうど良い厚さになります)。四つ切にした紙を整えて、一端をホチキスで止めましょう...

続きを読む

自分のキャパシティを知る

うつ症状に陥っている時、実は次のような段階を経験することになります。1.エネルギー枯渇段階  (何も考えられない)2.気力回復段階  (考える余裕がやや生まれたために色のない未来が見えてしまう)「1.エネルギー枯渇段階」は、身体も動かず頭も心も活動停止、いわば臥せっているようなイメージになります。一...

続きを読む

うつさんのための思考法

私たち、うつ属性の人は、よくこんなふうに考えがちです。「どうして?」「なぜ?」「もっと自分がこうしていれば・・・」大抵の場合、過去についてよく考えていますね。そこから何かヒントを得られれば良いのですが、どちらかというと答えが出ないまま延々と考えを巡らせているようにすら思えます。周囲からは「前向きに考...

続きを読む

今日できることを明日やっても良い思考

私事でもあるのですが、以前は物事に対して柔軟に対応できていたのに、うつを経験して以来どうしても「予定」が決まっていないと不安で仕方なくなってしまう傾向があります。「予定」とは「自分がどう行動すべきかを決めておくこと」。私は今でも、自分の行動パターンがある程度定まっていないと非常に不安なのです。ですか...

続きを読む