あなたに気付いて欲しいこと

自分さえ我慢すれば・・・

自分が揉め事の中にいる時、「自分さえ我慢すれば…」と思うことはありませんか。

 

もうこれ以上問題を大きくしたくないし、今まで解決を試みたけれど何の進展も無かった場合、そんな想いはより大きくなるように思います。

 

でも、本当に「自分だけが我慢すれば全て円満に治まる」のでしょうか?

 

・あなただけが、心の中に言いたいことをしまうのです。
・あなただけが、周囲の顔色をうかがって神経を使うのです。
・あなただけが、疲弊するのです。

 

あなたが何も言わずに全てを受け入れていれば、確かに周囲の人にとっては「全て良し」かも知れません。

 

その反面、おそらくあなたの心の中には、言い表しようのない『何か黒いモノ』が、どんどん溜まっていくのではないでしょうか?

 

・モヤモヤ・ドロドロとしていて、一度生まれたら簡単にキレイにはならないような何か。
・心の中に溜まるほど、いつ爆発するかわからないような何か。

 

 

私はそこそこ「自分」を持っている方ですが、それでも我慢して自分を押し殺していた時期があります。

 

例えば夫婦間で考え方の違いが起きる度、夫に自分の意見を伝えましたが、最終的には夫の意見に従うことも多々ありました。

 

それは、夫が正しいからではなく、夫と話しても「理解」という結論に至らないからです。

 

あまりにも視点が違い過ぎて、私の言っていることが届かない様子でした。

 

「話の通じない相手と話し合いをする」という行為は、相当に神経を消費します。これが続けば「もういいや、自分が我慢すれば…」ということにもなりやすいのです。

 

 

では、それで私は納得したかと言えば全くそうではありません。一つ我慢をする度に、その倍くらいのストレスが溜まりました。

 

ストレスが溜まり続けた先にあったのは、私の場合「うつ病」というものだったんです。

 

「自分なんて」とか「どうせ」とか「意味がない」とか、生まれるのはそんな感情ばかりという状態になっていきました。

 

本当は「自分なんて」とか「どうせ」とか「意味がない」といった考え方は大嫌いなのです。

 

後々、とても相性の良いカウンセラーと出会うまでは、本当にそんな気持ちに支配され続けてきたんですね。

 

心は一度固まってしまうと、溶かすのが容易ではありません。

 

だから、もしあなたが「固まった心」を感じているのだとしたら、どうぞ思い切ってカウンセリングを受けてみてください。

 

うつ病は薬剤と心理の両面からアプローチして初めて、回復へのスタートをきるはずです。

 

初回で最高のカウンセラーに出会えなければ、2人目、3人目と探してみて欲しいのです。

 

1人で悶々としているだけでは解決しないことも、協力者が現れれば打開できる可能性が出てきます。

 

 

ぜひ、自分自身の心を解放してあげてみて下さい。

 

ガチガチに心が固まっていく様子とそれに伴う心身のネガティブな変化、この二つを体験してきた私ができる、一つのアドバイスです。

スポンサードリンク