あなたに気付いて欲しいこと

「闘病ブログ」は控えるべきなのか

インターネット上では、良くも悪くも人々が遠慮のない言葉を晒しています。

 

思考が鈍る、意欲が激しく低下する、働きたいのに働けない、そんなうつ病者がブログの一つも運営していようものなら、「うつ病で動けないくせに、何故ブログなんてやってるんだ?」と声を上げる人がいるのも確か。

 

そういった声を上げる人を見かけると、うつ病者本人としては非常に悲しく、また憤りに近い感情を抱くかも知れませんが、一歩引いて「発言者の心理」を考えてみましょう。

 

そういった言葉を発する人は、こういう想いを持っているのかも知れません。

 

 

・病気なら休めばいいのに
・動けないはずなのにパソコンを使っている矛盾が理解できない
・周囲に「自称うつ病」の人がいて自分がストレスを感じている

 

 

客観的に考えれば、彼らの気持ちが全くわからないでもないですよね。

 

 

しかし、例えば「闘病記」などのブログをのぞいてみると、その運営者は決してうつ病者に限らないということがわかります。

 

どんな病気の人でも、ブログという「自分だけの場」を通して、周囲からの偏見・働きたいのに叶わない想い・回復への不安と期待・家族への申し訳なさなど、普段は吐き出せないものを記事としているように見えます。

 

うつ病者だって、頭がどんなに動かないと言ってもそれは思考の鈍磨であり、完全なる脳の機能停止ではありません。

 

つまり「心」は常に動いているわけです。

 

それを言葉にする作業は確かに頭を使いますが、寝込む状態でもない限り、「激しく上下して不安定な気分」の中にポッと空いた「書ける状態」を使って思っていることをひっそりと吐き出せるのは、むしろ好ましいのではないでしょうか。

 

 

・うつ病者は動けない、思考が停止している。
・だからパソコンを使っているのはおかしい。
・パソコンを使えるなら仕事をしたら良い。

 

・・・という意見も聞こえてきますが、特にメンタル系の病気に対してはまだまだ理解が乏しいことも現実ですから、一つ一つを真に受けていたら本当に自分がもちませんね。

 

 

今までずっと我慢してきた、黙って頑張ってきた自分が、その想いを吐き出せる場を自ら作り出したのが「闘病ブログ」なのだとしたら、それは自分にとって大きな一歩となるのかも知れません。

 

 

スポンサードリンク