あなたに気付いて欲しいこと

自分のキャパシティを知る

うつ症状に陥っている時、実は次のような段階を経験することになります。

 

 

1.エネルギー枯渇段階
  (何も考えられない)

 

2.気力回復段階
  (考える余裕がやや生まれたために色のない未来が見えてしまう)

 

 

「1.エネルギー枯渇段階」は、身体も動かず頭も心も活動停止、いわば臥せっているようなイメージになります。

 

一方、「うつは少し動けるようになってからが危険だ」と言われるのが、後者の「2.気力回復段階」だと言えるでしょう。

 

将来の悲観、自殺行為、元通りになりたい願望、などがどんどん溢れ出します。

 

気持ちの方向性としてはネガティブ極まりない、ということは確かなのですが、言い換えるとこの状態は『ほぼ活動停止状態だった頃に比べると考える余裕が生まれた』現象でもあります。

 

 

さて、取り上げてみたいのが「元通りになりたい願望」という、うつ経験者なら誰もが感じたことがあるであろう想いです。

 

これを、私は「2.気力回復段階」に分類したいと思います。

 

 

うつで完全に臥せっていた頃に比べて、少しばかり日常生活や仕事に手を付けられるようになってくると、とある願望が湧いてきます。

 

「以前のように元気に暮らしたい、以前のようにバリバリ働きたい」。

 

そういう想いの背景には、義務感や現実的な経済問題などが存在し、だからこそ「療養という言葉の名を借りてダラダラしている場合ではない」、と考え出すケースがあるのです。

 

家事や仕事に着手して、あれこれ頑張り始めるその心の中では「何とか以前のように・・・」という強い想いが、やや前のめり的にむくむくと湧くのですね。

 

「以前と全く同じように活動できる自分」を実感することで、自分の存在価値を確かめるような感覚です。

 

 

さて、ここがまさに、立ち止まるべきところだと私は考えています。

 

 

うつの前後では明らかに自分の処理能力が落ちている、ということは、おそらく本人自身はきちんと自覚していることでしょう。

 

私の例を挙げてみます。

 

うつになる前であれば、いざ仕事に取り組んだ時、多くの同僚・上司と交わりながら複雑なタスクをこなすことができていました。

 

しかし、うつによる休職を経て焦って復職した時は、職場でいろいろな人と関わること自体が激しくエネルギーを消耗し、一日を消化するだけでグッタリきたものです。

 

事務処理も明らかに効率が落ちていました。

 

書類に目を通した時の理解スピードが落ちているから、処理も当然遅くなります。

 

 

ここで「やはり自分はダメだな・・・使えない人間になってしまった・・・」と、自分を責めることに繋がってしまいました。

 

 

うつを始めとするメンタル系の疾患では、心も頭も、回転力が以前より激しく落ちている実感があります。

 

つまり「キャパシティ(自分ができることの範囲)が小さく」なったとも言い換えられます。

 

例えば、骨折した人が松葉づえを使うのは、歩く上でキャパシティが小さくなるからですが、その事実を無視して、まだ未完治の足でずんずん歩こうとしても、うまく歩けないか悪化させてしまうことになりかねません。

 

 

しかし、うつの人はそれをやってしまうのです。

 

外見的にはなんら異常はなく、内科的に悪いところがあるわけでもないからでしょう。

 

でもそれは、もともと限界のあるところでオーバーヒートを繰り返すようなものです。

 

 

そんな時の考え方としては、感情をあまり高ぶらせず「事実」に注目してみることです。

 

・自分が以前はできたことはなんだろう。
・今できなくなってることはなんだろう。
・どこが制限されているんだろう。

 

このように、今の自分を苦しめている要因を直視してみます。

 

ただし感情的になると、できない自分を責める方向に動いてしまいやすいので、あくまでも事実だけに目を向けます。

 

自分の中の「効率が悪い部分」とも付き合ってく前提で、目を向けるのです。

 

そうして目指したいのは、「以前と全く同じ自分」ではなく、現在の自分をスタート地点とした「その時の自分にできる努力」、それがとても健全でしょう。

 

 

人間は長く生きていれば、その時々で、できることできないこと・時期尚早なこと・タイミングの熟したことなどが出てきます。

 

例えば5年前の自分と今の自分が全く同条件で生きているかと言えば、そういうわけでもありません。

 

やはり年月や環境に順応して生きているからです。

 

だからこそ、「今」の自分に存在する「事実」を受け入れて、その上でどうするかを考える・・・そういう建設的な付き合い方をしたいものですね。

 

 

 

スポンサードリンク