「できた自分」を褒めること

「できない自分」を認めることと「できた自分」を褒めること

うつ病になると、思考力や行動力が、本当に低下します。

 

「やらなきゃ」ということは十分に理解していても、実際の行動に結びついていきません。これが更にうつ病の人を苦しめます。

 

「やらなきゃいけないのに、できない」ということが多くなると、自分をどんどん責めて追い詰めるようになります。仕事に関わることなどでは、同僚や取引先に迷惑をかけますから、自責の念は更に強くのしかかるばかりです。

 

抑うつ症状に拍車をかける、いわゆる「スパイラル」の発端ですね。

 

 

一方で、ささやかなことでも「できた」ということも存在するのではないでしょうか?

 

今日は朝気持ち良く起きることができた。
昨夜は眠ることができた。
少しだが仕事を片付けることができた。
笑うことができた。
面白いと思えた。

 

何でも良いのです。何か、「あ、良かったな」と少しでも感じるようなことは、ありませんでしたか?

 

せっかくなので、この「できた」ことに少しでも注目するようにしてみましょう。

 

「少しだが仕事を片付けることができた」、その時の気持ちはどうでしたか?ほんの少しでも集中できたのかも知れません。取り組んだテーマが面白かったかも知れません。

 

「笑うことができた」、これは大注目です。関心を惹かれたことがあったのでしょう。興味を感じることができた、それは心の中に何かが芽生えたような、そんなイメージですね。

 

 

うつ病とは何故かマイナスな面しか目につかないものです。でも、何でも良いので、「できた」と思える事柄を探すようにした方が良いです。うつ病が重い時期はちょっと大変かも知れませんが、時折り起こる「できた自分」の瞬間は、少しだけ足を止めてその嬉しさを味わって下さい。

 

「できない自分」ばかりに注目して責めるのが抑うつ症状でもありますが、「できた自分」が存在するのも事実なのです。せっかくの良い事実なのですから、ちゃんと目を止めて、そしてそんな自分を認めてあげましょう。

 

「できた自分」探しが上手になるほど、うつ病の回復も早くなると、そう思います。


スポンサードリンク