あなたに気付いて欲しいこと

「決断はするな」でも「決断しなければならない」こともある

インターネットのうつ病サイトや、うつ病に関する書籍などを見ていると、「うつ病の人は、重要な決断をすることは避けましょう。」という文章を非常によく目にします。

 

実は、個人的には、この考え方は「?」と思うのです。

 

うつ病の原因が会社にあった場合、それでも退職の判断は避けなければいけないのでしょうか?
うつ病のために休職する=退職することに繋がっている会社の方が多いのではないでしょうか?
うつ病が夫婦問題に起因する場合、それでも別居や離婚は避けなければいけないのでしょうか?

 

原因となる事柄や環境からできるだけ離れるのが、うつ病治療の一つのポイントであるはずです。ならば、退職や離婚といった決断も、時には必要になってくるのではないかと思うのです。

 

もちろん、たった一人で思い悩んで、その結果独断で勝手に会社を辞めてしまったとか、勝手に離婚届に判を押して家を出たとか、衝動的な行動は避けるべきでしょう。

 

後先考えない行動は、本人にとって一番マイナスです。

 

しかし、周囲に理解し協力してくれる人がいて、その人たちの知恵と力を借りながら、退職や離婚が一番良い方法だと思った時には、私はそれを決断すべきだと思っています。

 

もちろん、退職や離婚だけに限ったことではなく、他のあらゆる事柄について同様のことが言えると思います。

 

 

マニュアル的には「うつ病の時は判断力が落ちています。重要な決断はしないようにしましょう。」と書いてあったとしても、そのためにうつ病患者が苦しみに耐え続けなければいけないのだとしたら、それは本末転倒です。

 

うつ病患者にだって、自分自身を守るためには「決断しなければならない」こともあるということは、避けられない事実だと思っています。

スポンサードリンク