休養が必要

今、休養が必要だったからこそ、その病気と出会ったのだと

一旦うつ病になると、数日から数週間では完治することはありません。

 

よっぽど軽症の場合は割と早いうちに治ると聞いていますが、一般的に言って、うつ病の原因は根深いところにあるのが通常なので、ちょっと薬を飲んで休んだから治る、というような簡単なものではありません。

 

そうすると、どうしても3ヶ月〜数ヶ月、あるいは一年二年という歳月をかけて治療していくことになるわけです。この間、仕事を辞めて休養し、治療に専念することになった人も決して少なくありません。

 

 

休養期間が長期化するにつれ、うつ病患者の心は一抹の不安を感じていきます。

 

こんなに無職の期間が続いて大丈夫なのだろうか?
ちゃんと社会復帰できるのだろうか?

 

そんな想いに駆られる時が必ずあります。
責任感の強い人ほど、この傾向は強いと思います。

 

 

ですがこれだけはどうしようもありません。うつ病という病気の特性上、ごく短期に治すことはちょっと難しく、ある程度の時間をかけなければ薬の効果も現れてきません。

 

患者としては焦る一方になってしまうのですが、ちょっと考えの方向性を変えてみてはどうでしょうか?

 

「今、自分には休養することが必要だったのだ。だから今このタイミングで、うつ病という病気を発症したのだ。」

 

そう思うことはできませんか?

 

今まであなたは、本当によく頑張ってきたのです。何かのために、頑張って頑張って
努力を重ねてきました。でもその半面、あなた自身の中には、ストレスや疲れがどんどん溜まっていったんです。

 

そこで発症したのが、うつ病です。あなたは驚いたことでしょう。治療に時間がかかることを知って、きっと肩を落としたことでしょう。結果として仕事を辞めた人は、将来的な不安も同時に抱えていることでしょう。

 

でも、あなたには、それだけの休養が必要だったのです。今まで心落ち着ける時間も持てなかったあなたには、うつ病という名を借りてでも、休養が必要だったのです。

 

 

うつ病は、表面的には「発症」したのですが、休養が必要だったからこそうつ病と「出会った」というのが、本当の意味だとは思いませんか?


スポンサードリンク