うつ病

こんな心当たり、ありませんか?エントリー一覧

多剤処方

「多剤処方」その名の通り、沢山の薬が処方されることです。精神科では、通院が長期化するほどに多剤処方になる傾向が目立ちます。本当に必要で薬が増えるならわかりますが、大抵は、症状が回復しないからこの薬も飲みましょう、こっちの薬も試してみましょう、という具合に増えていきます。その結果、抑うつ症状が慢性化す...

続きを読む

治療の長期化

医師の処方に従ってこれまで散々薬も飲んできたにも関わらず、良くなるどころかかえって慢性化するケースは非常によくあることです。薬じゃもうどうしようもなくなって、挙句の果てには「難治性うつ病のようだから、電気ショック療法をしたらどうでしょう」と提案してくる始末。電気ショック療法って、死亡事例や脳障害事例...

続きを読む

対話のない診察

私は現在の病院に落ち着くまで、何件もの精神科を渡ってきました。どの病院の先生ともしっくりこなかったからなのですが、そこにはある一つの共通点があるのです。初めに訪れた医院は、外観からして柔らかい雰囲気でしたので、精神科としては落ち着けるような気がして行ってみたわけですが、そこでの診察は実に中身のないも...

続きを読む

効いたと実感する薬

とあるうつ病サイトを見ていたら、うつ病者にアンケートをとった結果が載せられていました。そこではいろいろな質問内容があったのですが、「やっぱりなぁ」と私が思ったのが、薬に関するものでした。「効いた精神安定剤は何ですか?」という質問に対して、回答数が多かった薬として以下のものが挙げられていました。1位 ...

続きを読む

医師が上で患者が下

全ての医者がそうだとは、もちろん言いません。しかし実際問題として、「偉そうに振舞う医師」が多いとは思いませんか?医師本人にそのつもりがなくても、患者がそう感じるのだとすれば、やはりその医師は「偉そうにしている」と患者の目に映っているということです。別項でも述べていますが、医師と患者との間には、どうし...

続きを読む

のれんに腕押し

医師によっては、まるで手応えのない、頼りない問診を行う場合があります。定期的な問診で「どうですか?」と聞いてくるものの、こちらが昨今困っている症状を伝えても、ありきたりな回答を返すばかり、というケースです。「どうしても夜中に起きてしまうんです」という悩みに対し、「寝る前にコーヒーなどの刺激物は摂取し...

続きを読む

気になる症状は積極的に伝えよう

うつ病の治療中には、いろいろな症状を経験することがあります。ストレスによる症状や薬による症状など、よく見られるものを以下に挙げてみましょう。ソワソワする身も心もとにかく落ち着かず、常に焦っているような感じ→ ストレス過多になっていて「寝ても覚めても問題に追われている」ような抑うつ状態の可能性じっと座...

続きを読む