心の闇を理解する

心の闇を理解するエントリー一覧

うつ病患者は自分を追い詰める

メランコリー型と呼ばれる一般的なうつ病では、患者は強い自責の念を持つことが非常に多いです。何事も、「自分がこうしていれば…」「自分が悪いんだ」と必要以上に自分を責める傾向が強く、最終的にはリストカットや薬の過剰服薬(OD)、最悪だと自殺というケースにも発展することがあります。うつ病自体が、真面目な性...

続きを読む

自傷行為と自殺行為

うつ病によく関連付けられているのが、自傷行為と自殺行為です。うつ病患者の自殺は毎年3万件を超えると言われており、これは日本における自殺件数の約半分を占めているそうです。同じく自傷行為もよく見られ、特に若い女性を中心にリストカットをする傾向が非常に高いのです。どちらの行為も、もともと真面目で頑張り屋で...

続きを読む

完全復帰を焦るほど遠のく回復

うつ病を患うと、とにかく意欲がなくなり、ヤル気が出ず、集中力も極度に低下します。しかし内科的にはどこにも異常はありませんから、周囲は「もっと気合い入れて頑張れ」と期待し、本人もその期待に応えようと無理をします。この「無理」が、うつ病悪化の大きな原因のひとつであると言えます。無理をしても頑張ろうとする...

続きを読む

うつ病者の経済的苦悩

経済的なことで悩んでいるうつ病者って、 結構多いんです。うつ病になると、・ 気力が極端に衰えて、・ 集中力が極端に落ちて、・ 関心が持てなくなって、・・・といった状態に陥るため、 うつ病になって以降、仕事を止めざるを得なくなったり、 転職を繰り返すハメになるケースが非常に多いです。そうすると、収入も...

続きを読む

「私を病人にするな!」うつ病を受け入れたくない人達

うつ病の超初期段階では、急激な落ち込みや食欲の変化、また不眠などいろいろな症状が目立つようになります。ところが、周囲でそれを見ている者にとっては明らかな異変であるにも関わらず、当の本人がそれを「異常」と受け入れられないケースがあります。周囲の者がいくら「今までのあなたの様子と明らかに違うから病院へ行...

続きを読む

うつ病さんの「ライフヒストリー」

実はカウンセラー資格を保有する前から、いろいろな方々のお話を聞いたり、経験を積んでカウンセリングを行ってきた私。ここに非常に面白いテーマがあります。「ライフヒストリー」とか「ライフライン」と呼ばれるものですが、要するに本人の人生を振り返りながらそれを波線グラフのように表して客観視するのです。こちらは...

続きを読む

うつとネットにおける中傷

自分がうつ病であると知られることに抵抗を感じる人はまだ多く、声をあげて気軽に悩みを相談できる環境は残念ながらまだまだ整っていないと言えます。カウンセリングという手段もあるのですが、お金がかかる話ですからハードルも高くなりますね。ではどこで自分の想いや悩みを吐露するかと言うと、その行先はインターネット...

続きを読む