休養期間の経済的支え

休養期間の経済的支えを確保しようエントリー一覧

傷病手当金の申請

うつ病になって休職あるいは退職しなくてはならなくなった時、やはりとても困るのが経済的な支えを失うことです。そこで必ず申請しておきたいのが、傷病手当金ということになります。よく、インターネットのQ&Aサイトで「うつ病でも傷病手当金はもらえますか?」という質問をみかけるのですが、答えは簡単、もちろんもら...

続きを読む

傷病手当金支給申請書の書き方

「健康保険傷病手当金支給申請書」(以下申請書と言います)の書き方を具体例を説明していきます。申請書なんて面倒だと思うと余計憂鬱になってしまいますので、分かりやすく3つに分けて説明していきますね。・被保険者が記入するところ・.事業主が証明するところ・治療をを担当した医師が意見を記入するところはい、あな...

続きを読む

障害年金の申請

次に、障害年金についても触れていきたいと思います。うつ病でも障害年金の申請をすることができますが、加入している健康保険によって、受けられる年金の種類が異なり、また受給額も変わってきます。では、受給要件と申請の流れについて解説します。受給要件初診日に、厚生年金の被保険者であること(障害厚生年金)、ある...

続きを読む

うつ病の障害年金更新のポイント

うつ病で障害年金を受給すると、その後2年ほどで更新の時期がやってきます。これは、改めて医師の診断書を提出し、当初の病状がどのように変化したかを再審査するためです。障害傷害年金支給の条件は、「働くことが叶わない」という状態にありますが、当初はそのような状態だったうつ病者も、年月の経過とともに症状が回復...

続きを読む

障害年金/傷病手当金受給中の内職・アルバイト

障害年金/傷病手当金の受給中でも、内職やアルバイトをしている人はたくさんいます。年金や手当金だけではなかなか生活が成り立たないため、わずかでも自分の力で稼ぎ、生活の足しにする必要性に迫られているのです。あるいは、いつまでも年金や手当金に頼り続けることはできないと考えて、内職やアルバイトをしながら少し...

続きを読む

傷病手当金受給マニュアル

私の場合、うつ病での休職または退職のことを考え始めた時、一番ネックになったのはやはり経済的な問題でした。もともとそんなに高給取りではなかったものの、収入が途絶えてしまうのは大打撃です。そんな時に、勤め先の会計課の人が、傷病手当金のことを教えてくれました。私が初めて傷病手当金のことを知ったのは、その時...

続きを読む

うつ病で加入できる保険

うつ病は、内科的・外科的な異常は見られない病気なので、保険加入も大丈夫だろうと思っていませんか?実は、うつ病を始めとするメンタル系疾患も「既往歴」として扱われ、保険加入を断られる理由になるのです。私は、うつ病を発する前にパニック障害を起こした経験がありました。初めて発作を起こしてから数年後、ほとんど...

続きを読む

障害年金の更新を見据えたコミュニケーション

障害年金をすでに受給している人は、毎年誕生月に更新手続きを行います。提出するのは「現況届」と言われる書類ですが、一定期間ごとに診断書の提出も求められます。現況届はともかく、心配なのは「診断書」の方かも知れませんね。診断書は、当初申告したうつ症状がどの程度変化したかを報告するものなので、改善している場...

続きを読む

障害年金手続きにおける「日常生活状況」欄

うつ病でも障害年金の申請ができることはすでによく知られるようになりました。申請には医師が記入する診断書類が必要で、その書類にはうつ病者の「日常生活状況」に関する観察項目があり、患者は現在どのような病状か、その日常生活に支援は必要か、家族の協力があればできることは何か、などが書き込まれます。日常生活を...

続きを読む