傷病手当金の申請

傷病手当金の申請

うつ病になって休職あるいは退職しなくてはならなくなった時、やはりとても困るのが経済的な支えを失うことです。

 

そこで必ず申請しておきたいのが、傷病手当金ということになります。

 

 

よく、インターネットのQ&Aサイトで「うつ病でも傷病手当金はもらえますか?」という質問をみかけるのですが、答えは簡単、もちろんもらえます。

 

では、受給要件と申請方法について、解説していきましょう。

 

●受給要件
1.うつ病の療養のために仕事をすることができないこと
2.仕事を休んだ日が連続3日間あること(4日目から支給の対象です)
3.社会保険の被保険者であること(国保は除きます。被扶養者も除外です)

 

●支給額
月給の3分の2が支給されます。
もし月給の全部または一部が支払われる場合は、傷病手当金との差額分のみが支給されます。

 

●支給期間
支給開始から1年6ヶ月まで

 

●退職後も傷病手当金を受給できる条件
退職時に1年間以上の被保険期間があり、傷病手当金の受給要件を満たしているかすでに受給していること

 

申請方法は、地域の社会保険事務所にある「健康保険傷病手当金支給申請書」という書類に必要事項を書き入れ、主治医の所見と印をもらい、社会保険事務所に提出します。

 

在職中に申請する場合は、会社の総務課か会計課に頼むことになります。

 

以後、毎月1回、申請書を社会保険事務所に提出し、傷病手当金を受けていくことになります。

 

 

しかし傷病手当金の初回支給までには、申請から数週間がかかり、元々の月給が少なかった人は、更にその額の3分の2しか支給されないわけですから、生活は楽ではありません。このため軽いアルバイトをしようと考える人もいます。

 

ですが、傷病手当金は、基本的に「仕事をすることができない」という前提のもとに支給されるので、アルバイトなどをすることは原則できません。

 

ただし、とても軽微な作業や内職的なものであれば良い、というお達しもあるようです。

 

でもこの点は、どんなアルバイトならしても大丈夫なのか、社会保険事務所にきちんと確認した方が良いですね。

 

スポンサードリンク