遅れる精神医療

遅れる精神医療エントリー一覧

医師が精神医療を熟知していない

このページのタイトルを「医師が精神医療を熟知していない」としたのは、医師が「精神医療」という学問をよく学んでいない、という意味では決してありません。むしろ、彼らが学んだ精神医療や薬剤の特性と、患者の病態との間に大きなズレが存在している、ということからこんなタイトルをつけました。医師は、学生時代からち...

続きを読む

「見えない病気」を診断する難しさ

前ページでも触れましたが、うつ病は他の内科系・外科系などの病気と違って、他人にはその症状がなかなか伝わりにくいという特徴があります。これは精神科の病気一般において言えることです。つまり、医師にとっても、患者の病気を診断する材料は患者からの「自己申告」と診断時の本人の様子のみであるため、客観的な判断材...

続きを読む

カウンセリングは「患者の話を聞く」だけ?

私がかつて通っていた病院で、医師に「カウンセリングを受けたい」と言ったことがありました。投薬治療だけでは何ともし難いこころ≠フ部分を、少しでもほぐしてラクになりたかったからです。ところが医師は「うーん…こうやって話しているのもカウンセリング≠ネんですがね。」と言いました。どうやら、お互いの描くカ...

続きを読む