うつ病診断

うつ病診断の基準

うつ病は、憂うつが日常生活にまで支障を及ぼす状態になったものですが、病気としてのうつ病なのか、単なる一時的な落ち込みなのかは、周囲はもちろん本人でさえ気付きにくいものです。

 

通常は、医者からいろいろと問診されることで、うつ状態の尺度を測のですが、この問診には実は決まった質問項目があるのです。

 

この質問項目を知っておけば、自分の抱えるいろいろな症状が病的なものかどうかが、ある程度掴めてきます。

 

 

医者が使っている診断基準は、WHOの国際疾病分類である「ICD-10」や、アメリカ精神医学会の「DSM-IV」が主になっています。

 

以下は「DSM-IV」による診断基準の一部です。

 

 

次のうち5項目またはそれ以上の症状が過去2週間のうちに見られ、そのうち(1)か(2)のどちらかが5項目の中に認められる:

(1)ほぼ毎日のように憂うつな気分である
(2)ほぼ毎日、興味や喜びを感じることがない
(3)食欲の増減、または体重の5%を超える体重増加・減少
(4)ほぼ毎日のように不眠または睡眠過多
(5)ほぼ毎日のように、落ち着きがなくなったり、激しく落ち込んだりする
(6)慢性的な疲労
(7)ほぼ毎日のように、絶望感や罪悪感を感じている
(8)ほぼ毎日、思考力が落ち、物事の決断が困難になる
(9)死を考えるようになる(自殺念慮)、また具体的な自殺計画

 

 

これらの症状が、日常生活や社会生活を送る上で、大きな障害となっている

 

本当にうつ状態になると、本人は自分自身の状態さえ客観的に見れなくなってしまいます。
ですから、家族や友人など、身近な方が異変を逃さずキャッチして、それを医師に報告することは、とても大事なことなのです。

スポンサードリンク