うつ病

調子が悪いと「動きなさい」・調子が良いと「うつ病なんだから」

うつ病は「目に見えない」病気だけに、周囲の人にとって本人の状態を正確に察することはとても難しいことかも知れません。

 

調子が悪いうつ病者に対し、良かれと思って「気分転換に動いたらどう?」と言っても、それは本人にとって大変な負担にしかならず、余計重たい気持ちにさせてしまいます。

 

本当なら布団から出たくもない、外に出たくもないところに、気分転換に外出を勧められてもさらにストレスが大きくなるだけだからです。

 

そうかと言って、徐々に回復傾向にあるうつ病者が自らの意志で何か行動しようとしている時に「あなたはうつ病なんだから無理しちゃいけないよ」と言葉をかけると、せっかく気力が湧いている本人の気持ちを萎えさせ、「そうか、自分はうつだから行動は控えるべきなんだ」という思考を起こさせてしまいます。

 

確かに無理はいけませんが、うつ病には調子の良い波と悪い波があり、それを繰り返し体験する中でだんだんと「コントロールの仕方」「自分が頑張っても大丈夫な範囲」を学習し、それが土台となって本当の回復に向かうものだと考えることができます。

 

そうだとすれば、「やりたい」という気持ちが湧いているうつ病者には、「無理のない程度にね」と声をかけ後は見守ることに徹してあげることが望ましいようにも思えます。

 

自己申告的なところがある病気だからこそ、本人と周囲との間のギャップが非常にもどかしくもあるのですが、本人が一歩ずつ回復へのステップを上がる時に、そっと支えるような存在になれること、それが周囲の人に求められる役割ではないでしょうか。

スポンサードリンク