うつ病 家庭環境

家庭環境の作り方

うつ病患者が家の中にいると、どうしても生活リズムが合わなくなってきます。

 

抑うつ症状から食事を取らなくなったり、睡眠薬によって朝起きれなくなったり、自然と家族で食卓を囲む機会が減ったりします。

 

睡眠薬の適量が見つかるまでは、睡眠の状態も安定せず、昼頃にならないと起きてこないこともしばしばでしょう。

 

薬の副作用から、黙って座っていられず(イライラ・ソワソワといった症状―アカシジア)、いつも部屋の中をウロウロしているかも知れません。

 

 

そんなうつ病患者の様子を、必要以上に気にして合わせることは、家族にとって大きな負担になります。なので、いっそのこと、そのままにしておいてあげてはどうでしょうか。

 

危機的な拒食でない限り、多少食事を摂らないくらいならそれで良いでしょう。朝起きれないなら、そのまま寝かせておいて下さい。アカシジア(上述)が起きて不安定になっているようなら、頓服を飲ませて、ゆっくり話を聞いてあげて、落ち着かせてあげて下さい。

 

ただ、回復傾向になってきたら、少しづつ、生活リズムを修正するよう働きかけて欲しいと思います。

 

そして、思うように行動できない本人に代わって、家族みんなで、うつ病の情報を集めて理解を深めて下さい。

 

 

うつ病患者がいると、一時的に家庭内が神経過敏になることがあります。ですが、腫れものに触るような態度は、かえってうつ病患者の居心地を悪くしてしまうので、できるだけ「いつも通り」であることが一番です。

 

気分転換にと言って、無理やり外に連れ出す必要はありません。それはかえって本人のストレスになります。放っておくのが、一番良いです。

 

 

「きっかけ」だけは与えてあげて下さい。インターネットの掲示板なり、薬の情報なり、同じうつ病の人の情報なり、何でも良いので、本人がうつ病と向き合うきっかけを、作ることができると良いと思います。

 

 

最初のうちは、家族内も一時的にゴタゴタするかも知れませんが、一番良いのは「受け入れる」ことです。あるがままに受け入れて、できることは努力をする。それが一番の、家庭環境の作り方だと思います。

スポンサードリンク