うつ病 職場環境

職場環境の作り方

職場環境は、うつ病が発生する可能性がとても高く、現にこれまでも、重責によるうつ病や過労によるうつ病など、裁判化するケースがいくつもありました。

 

職場というのは、いろいろな性格と多様な年齢により構成された、他人同士の集合体です。当然ながら、考えの異なる者同士が存在し、ぶつかり合い、部下は上司にさからえず、社員は会社にさからえず、そこにはやりがいとともに大きな不満も蓄積されています。

 

 

職場でうつ病が発生する原因をもう少し掘り下げてみると、次のようなことがわかります。

 

○チームワークがなくまとまりがない
○雇用に安定性がない
○保守的すぎる風土
○自分のキャパシティーを超えた結果を求められる
○クレーム処理が多い
○休む暇なく仕事が押し寄せる など

 

こういったような事柄が、主な反省点になってくると思います。

 

 

会社にはいろいろな人間がいますから、理想的で快適な環境の実現はなかなか難しいのかも知れません。

 

特に、会社そのものの性質というか風土のようなものは、長年培われてきたものでもあるので、個人の力で、しかも一朝一夕に変えられるものでもありません。

 

ですが、所属部署または所属チームという小さな単位であれば、改善に取り組むこともできるのではないでしょうか。

 

 

今うつ病で苦しんでいる社員が、一体何に苦しんでうつ病になったのか、どうすればその原因をなくすことができるのかを、部署内で話し合うことが大切です。

 

表面的な慰めの言葉をかけても、うつ病患者にはすぐ嘘を見抜かれます。うつ病になった社員をまた迎え入れるため、職場環境を整えようとするならば、まずはうつ病のことを知って下さい。その上で発せられる言葉なら、重みを持つことでしょう。

 

自分だって、いつ、うつ病になるかわからないものです。
だからこそ、この機会に職場環境を全員で見直してみてはいかがでしょうか。手始めに、上に挙げたような事柄からでも、振り返ってみると良いと思います。

スポンサードリンク