うつ病 家族

うつ病者を持つ家族の繋がり

うつ病者本人はもちろんなのですが、「我が家にはうつ病者がいる」という事実は、家族にとっても非常に辛い想いを強いる可能性があります。

 

うつ病者がいる家では、このようなことに悩む傾向があるのではないでしょうか。

 

  • うつ病者の自殺未遂行為や薬物多量服用
  • 毎日神経を張り詰める家族の疲れ
  • 「うつ」というものを理解しきれない虚しさ
  • 本人に何をしてやれるかが見えにくい辛さ

 

こういったことを抱え込み、どこにも吐き出せずにいる家族がたくさんいます。

 

 

「他の人に言ってもわからないから」「よそのお宅に話すのは恥ずかしい」、そんな想いから、解決のつかない想いをたくさん溜め込んでしまっているのです。

 

まるで、辛さを抱え込み過ぎてうつ病になった患者本人のように…
これでは、家族までうつ病になってしまいかねません。

 

私が通っている精神科系の専門病院では、うつ病患者のいる家族が集う「家族会」なるものが存在します。
同じような問題を抱える者同士が集うことで、それまで誰にも打ち明けることができなかった辛さを共有することができるんですね。

 

辛さだけではなく、患者が自傷行為をしている時はどういう対応をしているか、どのように接してあげるのが効果的なのか、自分たち家族に発生するストレスをどう逃がしているか、こういった情報も交換し合うことができます。

 

お互いに「似た者同士」として集っていますので、非常に打ち解けやすく、またお互いに分かり合える点が非常に大きなメリットです。

 

 

うつ病者は『ストレスを溜めこんでうつになる』ことがほとんどです。

 

そんな患者を抱える家族としては、自分たちまで同じ道を辿らないようにしなければいけません。
大切な家族の一員を守り救っていくために、自分たち自身が心身ともに健康でいる必要があるんですね。

 

そのために最も有効な方法が、気持ちや体験を共有できる仲間を持つことなのです。

 

行きつけの病院に、家族会の有無を尋ねてみて下さい。

 

 

私も一人のうつ病経験者として、自分のせいで家族までもがストレスを抱えていく様を見るのは非常に辛かった記憶があります。

 

ですから、ぜひ積極的に、家族会に関わってみることを心から願う次第です。

スポンサードリンク