うつ病の特徴

うつ病の特徴エントリー一覧

うつ病の初期症状

最近、心と身体の疲れを感じることは多くありませんか?現代人はストレスにさらされていると言われますが、そのストレスが高じて、異変が起きることがあります。その異変が、もしかするとうつ病の初期症状なのかも知れません。うつ病の初期症状では、次のような傾向が見られます:〔朝〕○朝早く目が覚めて、その後眠れない...

続きを読む

イライラする

うつ病になると、どうしてもイライラすることが多くなります。そのイライラは、自分に向けてのものだったり、周囲に対するものだったり、様々です。そしてそのイライラが更なるストレスを呼び、悪循環を作ってしまいがちです。抑うつ症状は、その人の行動力や思考力をひどく抑制します。動こうとする気力もなくなりますし、...

続きを読む

怠け者のようで辛い

うつ病の症状で特徴的なもののひとつに、自責の念≠ェあります。行動力も思考力も弱り思うように動くことのできない自分を責める、ということです。うつ病は目に見える病気≠ナはないため、周囲の理解を得にくいことがあります。うつ病という病気だから動きたくても動けないのに、それを理解してもらえないどころか「頑...

続きを読む

睡眠障害と食欲障害

うつ病の症状は、〔精神的症状〕と〔身体的症状〕に分けることができます。そのうち〔身体的症状〕として、睡眠障害と食欲障害が身体の状態を大きく左右することになります。〔睡眠障害〕寝付けない、眠りが浅くてすぐ目覚める、朝早く目覚めてその後眠れないなど、十分な睡眠時間を確保できないケースが、うつ病ではよく見...

続きを読む

うつ病の性衝動

当サイトを含めて、あまり取り上げられることのない「うつ病者の性衝動」。でも実は、うつ病者にとっては結構深刻な問題なんです。いろいろなうつ病サイトでも紹介されている通り、またご自身で経験されている通り、うつ病になると極端に性欲が鈍化します。ほとんど無くなると言っていいと思います。性欲が無くなるくらい、...

続きを読む

頭が真っ白・・・うつのパニック状態

パニックと聞いて思い出すのは、動悸や激しい恐怖感に見舞われるパニック障害という病気です。パニック障害はストレスが原因で起こる症状ですが、実はうつにも、パニック障害とは異なる形で「パニック」と呼べる状態が起こることがあります。例えば次のようなシチュエーションで、うつ病者に頭と心の混乱が起こるのです。1...

続きを読む

目がまぶしい・・・自律神経のメッセージ

精神状態の安定、体温の安定、免疫や体温の安定など、人間が生きるための機能を司っているのが「自律神経」です。活動する時に働くのが交感神経で、リラックスする時に働くのが副交感神経だということは、周知の事実ですね。自律神経が正しく働いていると、私たちは気持ち良く毎日を過ごせるのですが、バランスが狂うと調子...

続きを読む

障害年金と医師の協力

精神科系の病気であっても障害年金を申請し受け取ることができる、ということは、昨今ではとても広く周知されてきました。もちろん「うつ病」も対象疾病の一つであり、年金を申請することができ、申請が認められれば年金をもらうことができます。とは言っても、「自分はうつだから何もせずに年金をもらえる」というわけでは...

続きを読む

うつなのに笑顔を作る自分は病気じゃない?

うつ病と言えば、不眠・著しい集中力の欠如が見られたり、ひどくふさぎこんで表情がすっかり乏しくなる、という状態が知られています。しかし、中には「うつなのに笑顔を作る自分」に違和感を覚える人もいます。うつ病の人は、病気と診断され治療を受けているくらいですから、そもそも人と接すること自体が苦痛になりやすく...

続きを読む